門内正美   かどうち まさみ

 

 

【担当クラス】

プライベートレッスン

土曜 朗読

日曜 声優・舞台

 

【プロフィール】

夢民の丘代表

立命館大学卒業。

放送局(RBC)時代に主にラジオドラマ声優として活躍。

神沢和夫氏(元近畿大学教授)に師事。身体表現、演技演出の基本、モダンダンスの手ほどきを受ける。

ピッコロ演劇教室ではスタッフワークを学ぶ。

2011年5月「夢民の丘」設立。

2016年4月 NPO法人日本学校演劇教育会関西支部 所属

2016年8月「夢民の丘」シニアコース公演『セロ弾きのゴーシュ』出演

2017年3月「夢民の丘」シニアぷらす公演『あゆみ』出演

ほか、「夢民の丘」公演演出作品多数(野田秀樹『キル』、チェーホフ『かもめ』、本谷有希子『遭難、』、ケラリーノサンドロヴィッチ『消失』、清水邦夫『楽屋』等)

2017年8月「夢民の丘」公演『舟アルシュ』作、演出、出演

2019年11月『真冬の夜の夢』作、演出

―――――――――――――――

教育関連

神戸松蔭女子学院大学で「朗読・演劇」講座を7年間担当。

その間、同大学創作演劇集団「ショウゲキ」の立ち上げに参画。

同集団作品『コッペリアは泣かない』の演技指導コーチとして関わる。

また大阪府立摂津高校、三島高校、茨木工科高校、北千里高校で 計40年間演劇部コーチを務める。

大阪市立桜の宮高校において教員劇の作・演出を手がける。

 

「倫理・哲学」専門。

「倫理」「現代社会」教科書(一橋出版他)、資料集、教師用指導書の編集・執筆歴多数。

著作「ニヒリズム超克作用としての芸術言語活動ー人間諸活動に共有の芸術言語性を求めてー」