ようこそ夢民の丘(むぅみんのおか)へ

ご案内

NEWS

8月より「リモート夢実現コース」開始します!

長引くコロナ時間中の「夢」実現に ”待った!”はかけたくない!

やりたいこと、叶えたい夢に向かって、前を向いていたい!

   ―そんなあなたの「夢実現」のお手伝いをさせてください! 

 

 1 レッスン内容は「夢実現」に準じます。

 2 完全予約制です。

 3 原則、5コマ チケット 10000円。 追加 2500円/1回 

 4 前金制 5コマチケット6ヶ月間有効

 5 ライン電話、または Facetime を使用しての完全個人レッスンです。

 6 予約変更は 3日前まで有効。

 7 集中レッスンは 1日 3コマ 3時間 まで可。

 8 開講時間帯は 以下の通りです。

         R・夢実現  10:00~11:00  火、  金、土

                                        11:30~12:30 火、  金、土

                                        13:30~14:30 火、水、金 

 

 

 9 申し込み・連絡先  07054354721

             muminnooka@gmail,com

 

 10     振込先  ゆうちょ銀行  14160 65445251

        他金融機関から 店名 四一八(ヨンイチハチ)

                店番 418

                預金種目 普通預金

                口座番号 6544525

 

             いずれも  口座名 カドウチマサミ

 

 News 千里丘教室でのレッスン 再開しました!

 

3ヵ月間の「自粛」期間を経て、当面の間

 

 <グループレッスン>

 

土曜日 「舞台公演」コース(吉田) 15:30~17:30

日曜日 「声優舞台」コース(門内) 13:30~15:30

          各 7000円/月     2500円 /1回

木曜日 「コミュニケーション」コース(南村) 不定期開催 

                  14:00~17:00

      参加人数により 4000~/1回、1人 

 

 <個人レッスン>

 

日曜日 「夢実現」 11:20~12:30  5000円/1回

          16:00~17:10  5000円/1回

 

 上記 時間帯でのみ レッスンを承っております。

 ご希望の方は下記までご連絡、ご予約下さい。

             070 5435 4721 (門内)

 

受講生用時間割

 

  火

   水

   木

   金

   土

   日

 

 

10:00~11:00

R・夢実現

 

 

 

 

 

 

 

 

10:00~11:00

R・夢実現

 

 

 

10:00~11:00

R・夢実現

 

11:20~12:30

夢実現

 

 

11:30~12:30

R・夢実現

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11:30~12:30

R・夢実現

 

 

11:30~12:30

R・夢実現 

 

13:30~15:30

声優舞台

 

13:30~14:30

R・夢実現

13:30~14:30

R・夢実現

14:00~17:00

コミュ二ケーション

     

13:30~14:30

R・夢実現

 

 

15:30~17:30

舞台公演

(シニアぷらす)

16:00~17:10

夢実現

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

声優舞台コース 上演台本 の使用について

   昨年11月に上演しました仮面劇『真冬の夜の夢』の

   1 朗読劇 バージョン(11役)

   2 活弁劇 バージョン(10役)

   3 仮面劇 バージョン(5人で10役・昨年上演用台本)

     が完成しました。

 

   1は、音楽や照明を一切使用しないでも上演可能なもの。

   2は、音楽や照明を使用することを前提にしたもの。

   共に、本来は 「単独ライブ上演」用に作られたものですが、

   複数の声優で上演が可能です。

   

  この3つの上演用台本を、ご希望の団体、個人にお頒けします。

  使用、頒布条件については「夢民の丘」までお問い合わせ下さい。

  但し、画像などの使用については別途作者の許可が必要ですので

  併せてご理解下さい。 

ご案内

昨年の公演案内です!

 

 

レッスンのご案内

演劇講座

☆グループレッスン☆

  舞台公演

  声優舞台

  呼吸法・発声法

 

☆プライベートレッスン☆

   夢実現コース

  

 

教養講座

 ☆グループレッスン☆

  コミュニケーションワーク

  

夢民の丘では、演劇を深める講座と教養を深める講座があります。また出張レッスンやスタッフ派遣も行っています。

演技系の大学受験はこちら

 


過去の活動記録 2018年~2016年

2018年

10月6日、7日

『鈴虫のこえ、宵のホタル』

2017年

3月25日26日

「あゆみ」

 

4月22日、23日

 『歪んだ小屋』(演劇集団”ゆらめき”公演・スタッフ参加)

    天王寺・ステージプラス

 

8月12日、13日

  「夢民の丘」W発表公演 

  『舟アルシュ』、『アガタ』

    十三・カフェスロー

 

12月3日

  「シンデレラ・コレクション」スタッフ参加

    福島・ABCホール

12月7日

  『君死にたまふことなかれ』(「りぼん堂」第2回公演)

    協賛公演・スタッフ・キャスト参加

    摂津市文化ホール

 

2016年

3月18日(金)

KBS京都 「妹尾和夫のパラダイス京都」にゲスト出演させていただきました!

 

 「教室」の紹介と公演『楽屋』の宣伝をさせていただきました。妹尾さんとの個人的な接点も多く妹尾さんもびっくり、30分の予定が大幅にオーバーするという盛り上がりでした。

 詳しくは、番組のホームページ

www.kbs-kyoto.co.jp.>radio>paraをご覧ください

3月20日、21日

 演劇表現2コース受講生による『楽屋』(清水邦夫作)計4公演を、京都「スペースイサン」にて行わせていただきました。

   「具象ヴァージョン」、「抽象ヴァージョン」の2種類の演出で、キャスト、スタッフのメンバーも入れ替えて 上演する、という試みをしました。のべ200名近くの方々にご覧いただき、たくさんの方から、お祝いやご支援をいただきました。            

6月25日(土) 

ワークショップ 「いい声・朗読」

ソフトヴォイストレーニング

絵本の読み聞かせ、詩の朗読、アクセントの基本などのワークショップを行いました。      

7月18日(祝)

Nana`s CAFÉ夏祭り

こころとからだを解き放つ「むぅみん演劇ワークショップ~コミュニケーションゲームとストレッチ

小学生たちのエネルギーに支えられたひとときでした。 

8月6日(土)

吹田ぷくぷくワールドの夏祭りにお招きをいただき、公演をさせていただきました。

 今年5月から始まったシニア演劇 (10月から シニアぷらすに改称)の

 メンバーで『セロ弾きのゴーシュ』(宮沢賢治作)のペープサート(人形劇)を

 させていただきました。

 担当スタッフの吉田美彦さんの演出と出演者たちのみごとなチームワークで多くの方から、賞賛の言葉をいただきました。この3つの写真はいずれも吉田さんの描かれたみごとな作品です。

人形たちは吉田さんの描かれた下絵に全員で好みの色を付けました。

これらの大道具、小道具はすべてむぅみんの教室に保管されていますので、いつでも再演が可能です。どうか、学校、施設などでお招きいただければありがたいです。今回、全員でずいぶんと賢治のこと、作品のことを深く調べ、熱く語り、この作品が単なる動物物語でないということを知りました。舞台でもよく取り上げられる作品ですが、賢治の生き方の本質に触れるほんとうにいい作品だと思います。

3枚目の絵はラスト前のアンコール演奏をするゴーシュにライトが当たっている場面ですが、この時流された音楽をはじめ、当日は一人で音響を担当された吉田さんの選ばれた曲や音のすべてを是非皆さんにも聴いていただきたいと思っています。(門内)

8月18日(木)19日(金)

2日間、NPO法人日本学校演劇教育会関西支部との共催という形で、絹川友梨さんのWSを開催しました

 夢民の丘のレッスン、とりわけ「シニアコース」に参加されている人はほとんどがこのワークショップに参加されていました。

 即興という言葉は耳新しいものではありませんが、インプロゲームという名前は、演劇人にでさえまだなじみのあるものではありません。

集まった人は、やはり教育関係者が多く、演劇教育に名         時んできたひとたちがほとんどでした。

   詳しい報告は

    NPO法人日本学校演劇教育会関西支部

         ブログをご覧ください。

    http://blogs.yahoo.co.jp/heiwaribon

   「目からたっぷり鱗が落ちた」と参加者の一人の

  ちょっと重めの評言を共感をこめて紹介しておきます。